無理なくでもしっかり節約!その極意お伝えします。

初めにお伝えしたいのは、私はの年収は日本人の同世代女性の平均年収ど真ん中の値だということです。

それでも1年で100万円溜めることに成功しました!

年収にして350万円の収入の私が、1年でどうやって収入のほぼ1/3の金額を溜めることに成功したのかお伝えしたいと思います。

貯金をするに当たり、目標設定と生活スタイルの見直し、実行プランとプランの見直しは必須です。

特に私の様な浪費家、自分に甘い流行りに弱い人には絶対に必要です。

私は、今までの自分との決別の意味を込めて、100万円という目標金額を設定しました。

到底無理に見える目標にする事で、自分の決意を固めたかった為です。

どんな節約情報を読んでも出てくるアドバイスですが、私は貯金を決心するまでは正直受け流していました。(その結果貯められなかったのですが。)

収支を見直してみると、とにかく使い過ぎでした。

この生活を限りなくミニマルに変更する事にしました。

欲しいものを買う生活から、必要なものを買う生活への移行しました。

一人暮らしをやめてシェアハウスへ引っ越し。

デパコスからの卒業。ドラッグストアコスメへの変更。

洋服はセカンドハンドショップ、フリーマーケットを中心に、必要なものを買う様に変更。

外食、外飲みを控え、ホームパーティメインに変更

なるべく自炊に変更し、ランチはお弁当を持参することに変更

不用品(ブランド品は特に)をメルカリやらで売る

私の場合は、自分を追い込みすぎるくらいが丁度良かったので、ちょっと強制的に貯金計画を立てましたが、

もちろん友人との旅行等があるときは、少しお財布の紐を緩めて美味しいものを食べるなど、自分へのご褒美をあげましたよ。

見直しが終わったら、次は実行プランの作成です。

何にいくらかかるのか表にしてまとめ、生活費を決めます。

ここで重要なのは毎月の貯金額も決めてしまうこと。そして別の口座へ貯金額を移動してしまうこと。

ベストは定期預金などの簡単には引き出せない口座を作ることですが、強い意志さえあれば生活費と別口座に分ければ大丈夫です。

毎月お給料日にはその月の特別支出がないか確認し、ある場合にはどの様にプランを変更するか考えます。

プランを立てっぱなしにせずに、毎月見直し、収支も合わせて確認する事をお勧めします。

私の場合、最初の3ヶ月は自分の欲求との戦いでとにかく辛かったのですが、その後はどんどん溜まっていく貯金額をみるのが楽しくなっていきました。

貯金が楽しくなってくれば、その後は自動的に溜まっていくのでそこまでの我慢です!

楽しんで貯金生活を始めてくださいね。