発泡スチロールとベランダの活用方法

本題に入る前に私の部屋にはベランダがあり、そこに金属製の洗濯物干しを置いていたのですが、冬場はとても渇きが悪いので、部屋にそれを置き、乾かしています。少し狭いですが誰か来るわけではないですし、除湿器を買わなくても湿度が保たれてこれも節約の一貫になっています。

しかし、何もないベランダをどうにか節約で活用できないかを考え、実行しているのが発砲スチロールを利用した天然冷蔵庫です。思い付きで始めたのですが、かなり効率よく活用できているので紹介します。

冬場ってこの時期だから安い野菜がたくさんありますよね?買い物上手は節約の基本なので、今回は白菜を例に紹介します。一人暮らしで白菜一株って多いですよね?でもカットされたものより安いのは言うまでもありません。

しかし、部屋は暖かいので常温保存には向きません。以前冷凍も試したのですが場所を取る上に、解凍すると白菜のシャキシャキ感が全くありませんでした。もちろん冷蔵庫では1週間ほどでしなってきます。

しかしこの発泡スチロール冷蔵庫だと2週間くらいは持ちます。恐れく湿気と関係しています。冷蔵庫の中ってかなり乾燥しているので野菜の水分飛ぶんですよね。たまに霧吹きで発砲スチロールの蓋を湿らせ、保存すると温度も湿気も保たれて野菜の保存期間が延びました。スーパーで無料でもらえる場合もあるので良かったら実行してみてください。